banner

価格と広さで比較する日米土地事情

 日本で土地を購入するという話であれば、あまり関係はないちょっとした豆知識的な話になりますが、日本とアメリカでは土地や価格に差はあるのでしょうか?どのような特徴があるのでしょうか?その辺りを少し調べてみました。

■ 意外と平均的な価格は変わらない?
 日本の土地は世界的に見ても非常に高価です。土地が少ない日本ですので高くなるのは当然といえば当然なのかもしれませんが、日本の人口の多くが密集している東京については地方に比べると非常に高くなっています。都心で30坪くらいの土地を購入しようと思うと、億単位の価格になってしまいます。現実的なところで関東近郊で通勤県内でやっと2000万円前後に落ち着いてくるといったところでしょうか。
それではアメリカではどうなのかというと、意外と坪単価での価格の差は極端にはありません。どことどこを比較するかにもよりますが、大まかに平均してしまうとそれほど差はない感じです。

■ しかしやはり広大なアメリカ
 坪単価での価格差は極端に出てこないのですが、やはりアメリカはスケールが大きいです。一般的な戸建を立てている土地のサイズでも日本で関東近郊ならば30坪前後程度ですが、アメリカですと約1.5倍の45坪前後になってきます。日本でもちょっと地方に行けばこれくらいの坪数はあるのが当たり前かもしれませんが、都心に近いとなかなか価格の面でそういうわけにはいきません。やはり国柄によっても違ってくるのですね。

Copyright(C)2015 土地や不動産関係のおまとめ All Rights Reserved.