banner

利便性に左右される土地相場

 土地の価格というのはどのように決まっていくのでしょうか。土地を購入する方のちょっとした目安になるかと思いますので、ご参考までにご覧下さい。

■ 相場が高騰する環境とは
 土地はやはり利便性に最も左右されます。土地だけがあっても意味はほとんどなさないので、その上に家を建てるのか、お店を建てるのか、または駐車場などとして利用をするのか。目的によって変わってきます。ただ何をするにしても利便性の良いところであれば利用はしやすくなりますし、利便性の悪いところにあれば価値は落ちてしまいます。
下記は土地の価格が高騰しやすい環境です。

 ・駅近
 ・都心部
 ・幹線道路近く
 ・近くに商業施設が多い
 ・観光地近く

と、これ以外にも様々な場所が土地としての価値を上げる条件となります。簡単に言うと人が集まりやすい場所は必然的に土地としての価値が上がります。
そういったところに土地は欲しくなるものですが、そこは予算との兼ね合いです。

■ 都心部と地方
 もちろん国内だけの話であっても、都心部に近ければそれだけ土地としての価値は高くなります。逆に地方に出てしまうと人口も減ってしまい、将来的に人口が増える見込みが少ないところは年々土地としての価値も下がってしまうでしょう。例えば極端な比べ方ですが、下記の比較でもこれだけの差があります。

 東京都中央区銀座一丁目:958万円/坪
 島根県出雲市:7.5万円/坪

島根県は7万5000円です。75万円ではありません。
上記を比較すると約127倍の差があります。
場所柄、土地柄だけでも価格の差は明確にあらわれますね。

Copyright(C)2015 土地や不動産関係のおまとめ All Rights Reserved.